2015.09.24 Thursday 04:14

インターンを終えて

今回の記事は、平郡綺羅良が担当します。
9月23日は、個人プレゼンと、3回目となる街頭演説
を行いました。

個人プレゼンは「イベントのごみ問題」について
取り上げました。具体的には、祇園祭の事例を参考に
しつつ、加古川市にも活かしていけるところはないかな、
と少し提案するようなかたちになります。
プレゼン後は、中村議員からフィードバックを頂きました。
プレゼンは、祇園祭での取り組みの紹介に重点がおかれて
いて、資金面や実施の流れを説明していませんでした。
しかし、そういう説明をした方が、聴く人により具体性
をもって聴いてもらえるということが分かりました。
今後は「聴く人の立場にたったプレゼン」をやっていける
ようにしたいです。

プレゼン後は、3回目となる街頭演説に向かいました。
前回と前々回の街頭演説は、小雨の中行うことになりましたが
今回はお天気に恵まれ、絶好の演説日和でした。
3回目となる今回は、加古川駅前で街頭演説をしました。
やはり、加古川駅前ともなると人通りも多く緊張します。
しかし、事前に練習したおかげか、スムーズに演説を終える
ことができ、ほっとしました。初めて演説をしたときより上達
していて、嬉しくも思いました。
また、これだけ大勢の前で演説をしたということは、自分の
自信にもつながりました。この経験が、今後の人前で話すような
場面で、自分を支えていってくれるのかなと思います。

今回の活動で、2か月間の長きにわたったインターン活動も
終了です。ポスティング、議会傍聴、駅立ち、青山剛昌展の見学、
インターン合同合宿、各種プレゼン、街頭演説…etc。
この2か月間で、様々な活動をすることができました。
初めての経験だらけでいろいろ戸惑いもありましたが、
今思うとどれも良い経験だったなぁと思います。
このインターン日記を読み返してみても、初めのころに
比べて、少しでも成長できたように思います。

また、インターンを通して政治の難しさを学びました。
こうしたいという理想はあっても、現実はそう簡単にはいかない
ものだと分かりました。人、地域それぞれで価値観や政治に求める
ものが大きく異なります。そこを上手く考慮しつつ、政治を行って
いかなくてはなりません。
私も、大学の授業では理論一辺倒で、政策を取り巻く環境はあまり
考慮していなかったかもしれません。これから大学で学ぶに際して
はそこらへんのバランスを上手くとりながら学んでいきたい
と思いました。

最後になりますが、中村議員、インターンの仲間、インターンで
関わった方々。今まで長い間ありがとうございました。
  • - | - | - |

 
公式サイトLINK




katu.png
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.